部分矯正

部分矯正

前歯だけを矯正したい方へ

前歯だけを矯正したい方へ「前歯の歯並びがちょっと気になる」「全体矯正はできれば避けたい」「短期間・費用を抑えて前歯の歯並びを治したい」という方には部分矯正がおすすめです。
すべての症例が適応になるわけではありませんが、適応になった場合には、非常にメリットの大きな矯正治療です。

部分矯正のメリット

低コストで治療できる

ブラケットとワイヤーを使用した全体矯正と比べて、装置が小型であり、治療期間が短いため、費用を抑えられます。

目立たない装置も利用できる

マウスピース型の矯正装置(インビザライン)で前歯の歯並びを部分的に治すこともできます。
ブラケットもワイヤーも使用しませんので、治療期間中も見た目を気にする必要がありません。

気になるところに集中して治療できる

前歯だけ、隙間だけ、上の歯だけ、といったように、ご希望に応じて治療する部位を選択できます。

短期間で治療できる

部分矯正の適応は、「前歯の1~2本」です。前歯は、奥歯と比べて動きやすいため、全体矯正と比べて治療期間を短縮できます。

矯正治療の種類

インビザライン

インビザライン透明の材料でできたマウスピース型の矯正装置です。すでに100カ国以上の国・地域で使用されており、その実績も十分な信頼に足るものです。
装着中も目立たず、お食事・歯磨きの際にはご自身で簡単に取り外しができます。
1日20時間以上装着する必要がありますが、痛みも少なく、多くの方が最後まで快適に矯正治療を続けられます。

MTM

MTM金属のブラケットとワイヤーを使った部分矯正です。一般的に「部分矯正」ときくとこちらのタイプをイメージされる方も多いのではないでしょうか。
マウスピース型の目立たない装置が開発されても、確かな矯正力と実績が今も人気を支えています。

こんな方におすすめ

こんな方におすすめ

  • 前歯の気になるところだけを治したい
  • 短期間で歯並びを治したい
  • 費用を抑えて歯並びを治したい
  • 痛みの少ない部分矯正をしたい
  • 目立たないマウスピース型の装置で部分矯正をしたい
  • 大切な記念日までに歯並びを少し治したい
  • 面接試験、ビジネスのために前歯を治したい
  • 婚活に向けて前歯を治したい

中高生の部分矯正について

中高生の部分矯正についてあるメーカーを実施したアンケートの結果によると、10代の若者のうち、「自分の容姿に気になるところがある」と答えた割合が90%近くにのぼったそうです。
そして、全体の約70%が、「歯並びが気になる」と答えました。日本では、若者が自分の容姿を気にすることを“あまり良くないこと”と捉える風潮が未だに残っていますが、歯並びはお口の健康、そして身体の健康と深く関わりのあるものです。
また、歯並びを治さなかったために何かにチャレンジできなかった、ということになれば、それほどもったいないことはありません。

主に顎の発達を利用して歯並びを改善する「小児矯正」は、おおよそ12歳までに終わります。しかし、もちろんそれ以降でも矯正治療は可能です。その中でも特に、新陳代謝が活発な10代のうちに大人の矯正治療を開始することで、より審美的・機能的な歯並びへの改善が期待できます。
10代の半ばから後半にかけては、まさに第二の絶好の矯正治療のタイミングと言えます。ブラケットとワイヤーを使った矯正装置だけでなく、目立たないマウスピース型の矯正装置(インビザライン)もご用意しておりますので、まずは一度、ご相談ください。

ブライダル矯正について

ブライダル矯正について家族、友人、職場の仲間に囲まれて迎える結婚式は、人生最高の一日にしたいものですね。
気になる歯並びの乱れを、矯正治療できれいにして、結婚式当日を迎えませんか?
式までの時間がないという方も、短期間で治療を終えられる部分矯正をご用意しております。また、インビザラインであれば、たとえ当日まで治療が続いていたとしても、式の間だけ外しておく、ということも可能です。
患者様の最高の一日を、お口元の美しさで演出できれば、当院にとってこれほど嬉しいことはありません。もちろん、カップルでご相談いただいても結構です。

当院での矯正治療

できるだけ歯を抜かない矯正を行っています。

できるだけ歯を抜かない矯正「矯正治療で歯を抜くことはありますか?」ときかれれば、答えはYESです。歯を抜くことで、新しいスペースができますので、より歯を一列に並べやすくなります。
しかし、実際には「非抜歯でできるかもしれないけれど、無難な選択として、抜いておこう」というケースも存在します。
当院では、抜歯・非抜歯の判断を慎重に行い、できるだけ歯を抜かずにきれいにならべる矯正治療に取り組んでおります。

専門医との連携

患者様の歯並びの状態により、部分矯正が適応しない場合もございます。その場合でも、専門医との診療連携により全体矯正の相談がスムーズに行えるようサポートさせていただきます

部分矯正の症例

Before

インビザライン矯正の症例

After

インビザライン矯正の症例

料金
期間
副作用

部分矯正の流れ

1初診相談

初診相談患者様のお悩み・ご希望をお伺いし、お口を見せていただいた上で、部分矯正の適応となるかを判断します。
その上で、治療方法、治療期間、費用についてご説明します。

2精密検査

精密検査レントゲン撮影、顔貌の撮影、口腔内撮影などを行い、模型を作製します。

3確定診断・治療計画の説明

確定診断・治療計画の説明精密検査のデータを元に、確定診断をいたします。
治療方法、治療期間、費用につきまして、より具体的にご提示します。ご不明の点がございましたら、何でもお尋ねください。
ご同意いただけましたら、治療へと移ります。

4治療開始

治療開始部分矯正を開始します。治療期間は、おおよそ3~6カ月程度です。

5矯正装置の撤去

矯正装置の撤去歯並びが改善しましたら、装置の使用を終了します。

6保定

保定治療期間と同じ期間、保定装置を使って歯の安定を促します。
保定装置には、金属タイプ、透明のマウスピースタイプがございます。

部分矯正の費用

全て税別費用です。

お支払方法

現金
クレジットカード JCBMASTERCARDVISAUnionPayUCDinersClubMUFGOricoNicosAMERICAN EXPRESS
デンタルローン 分割回数:最大84回

部分矯正Q&A

部分矯正ができないケースはありますか?

重度の出っ歯、受け口などの骨格に問題がある場合、歯を大きく動かす必要がある場合、咬み合わせの状態が良くない場合などは、適応外となることがあります。ただ、ケースバイケースですので、一度お口の中を見せていただければと思います。

透明なマウスピースを使って、部分矯正を行うことはできますか?

可能です。当院では、インビザラインを使用しています

被せ物をしていますが、部分矯正は可能ですか?

はい。被せ物をしている歯も、根っこは顎の骨に残っていますので、部分矯正を行うことができます。

子どもに部分矯正をさせたいのですが、可能ですか?

基本的に、小児矯正では部分矯正を行いません。中学生以上であれば、部分矯正の対象となります。

どうして部分矯正は治療期間が短いのですか?

部分矯正では、基本的に前歯を動かします。前歯は、歯の根の数が多い奥歯と比べ、動かしやすい歯です。そのため、短期間でしっかりとした効果が期待できます。

治療費はどれくらいになりますか?

当院の部分矯正は、1本あたり●~●円となっています。初診の際に、おおよその金額をご提示することができます。

TEL.0797-22-0033 WEB予約 メール矯正相談
TOPへ戻る
TEL.0797-22-0033WEB予約 TOPへ戻る