インビザライン矯正

インビザライン矯正

インビザライン矯正について

芦屋のインビザライン矯正ならbio dental clinic ASHIYA矯正治療といえば、かつては金属のブラケットとワイヤーを使った装置しかありませんでした。現在も広く使われているこのタイプの装置が残してきた実績は、実に膨大なものです。
しかし、そのギラギラした見た目から、歯並びを治したいのに矯正治療に踏み切れない方が多くいらっしゃったのもまた事実です。
芦屋のBio Dental Clinic ASHIYAでは、ブラケットもワイヤーも使用しない、透明のマウスピースを交換していくことで徐々に歯を動かす「インビザライン矯正」を行っております。
通常の会話をするような距離ではまず気づかない自然な審美性を維持しながら、計算して作られたマウスピースがしっかりと歯を動かしていきます。

こんな方にインビザライン矯正はおすすめ

芦屋のbio dental clinic ASHIYAがインビザラインをおすすめする理由

  • 前歯の気になるところだけを治したい
  • 短期間で歯並びを治したい
  • 費用を抑えて歯並びを治したい
  • 痛みの少ない部分矯正をしたい
  • 目立たないマウスピース型の装置で部分矯正をしたい
  • 大切な記念日までに歯並びを少し治したい
  • 面接試験、ビジネスのために前歯を治したい
  • 婚活に向けて前歯を治したい

矯正無料相談を行っています

インビザライン矯正無料相談Bio Dental Clinic ASHIYAでは、インビザラインをご検討中の方を対象に、無料相談を実施しております。 インビザラインのメリットとデメリット、使用方法、その効果など、何でもお尋ねください。 ブラケットとワイヤーを使った部分矯正と悩んでいる、という方も歓迎いたします。

Eラインとは?

インビザライン矯正ではEラインを作れますEライン(Esthetic-line)とは、「美しい横顔」の定義として、米国の矯正歯科医が発表したものです。 鼻の先と顎を結んだラインを基準とし、唇が少しだけ内側にあると、人は美しい横顔と認識するというものです。 もちろん、Eラインでないと美しくない、という意味ではありません。Eラインが再現されることで、より多くの人が美しさを感じるというものです。 当院の矯正治療では、単に歯を二次元的にきれいに並べるのではなく、唇を含めたお口回りの皮膚の盛り上がり方にまでこだわり、可能な限り、Eラインを目指します。

インビザライン矯正の症例

Before

インビザライン 治療前

After

インビザライン 治療後

料金
期間
副作用

インビザライン矯正の流れ

1カウンセリング

初診相談まずは患者様のお悩み・ご希望をおきかせください。お口の中を拝見し、インビザラインの適応となるかを判断します。
また、治療方法、治療期間、費用などについてご説明します。

2精密検査

精密検査レントゲン撮影、顔貌の撮影、口腔内撮影、型取りなどを行います。

3治療計画の説明

芦屋でインビザラインならBio Dental Clinic ASHIYA精密検査の結果をもとに、治療方法、治療期間、費用などについて、より詳しくご説明いたします。
ご同意いただけましたら、装置の到着を待ちます。約3週間後、装置が到着します。

4治療開始

治療開始いよいよ治療の開始です。
毎日20時間以上装着し、1~2週間ごとに新しい装置へと交換します。

5治療完了後、保定期間へ

矯正装置の撤去治療期間が終われば、保定装置を装着する保定期間へと入ります。
保定装置には、金属のタイプ、透明のマウスピースのタイプがあります。
治療に要した期間とほぼ同じ保定期間が必要になります。動かした歯をその場で安定させ、後戻りを防ぐための大切な期間ですので、最後まで頑張りましょう。

インビザライン矯正の費用・保証について

全て税別費用です。

内容 価格
診断料 15,000円
資料どり
(患者様の型を取って海外の専門業者へ送付し、
分析結果から治療期間のプラン・矯正後の
シュミレーション画像を作成し、診断します。)
35,000円
インビザラインパッケージ(上下顎) 850,000円
ライトパッケージ 片顎 250,000円〜
全顎 400,000円〜
リテーナー 片顎10,000円〜
調整料 4,000円/回

お支払方法

現金
クレジットカード JCBMASTERCARDVISAUnionPayUCDinersClubMUFGOricoNicosAMERICAN EXPRESS
デンタルローン 分割回数:最大84回

インビザラインの保証期間について

シミュレーションした通りに歯が動かない、1日20時間の装着が守れず治療が遅れた、といった場合には、治療計画の再立案、インビザラインの再作製が必要になります。 ただ、インビザラインにはプランによりますが5年間の保証期間がありますので、再立案や再作製の費用が追加で必要になることはございません。(ライトパッケージについては別途費用が掛かります。保証適用の場合でも検査費用がかかることはあります) 詳しい保証内容につきましては、ご相談の際にご説明いたします。

インビザライン・アライナーの取り扱いについて

インビザラインは、患者様ご自身で着脱し、交換する矯正装置です。
そのため、使用の際にはいくつか気をつけるべきことがあります。

使用方法

・1日20時間以上の装着は欠かさないでください。

お手入れについて

・取り外したインビザラインは、やわらかめの歯ブラシ、水、少量の歯磨き粉(または食器用洗剤)を使って優しく洗います。

お食事の時には

・食べ物、飲み物を口にするときは、インビザラインを外してください。
・水であればインビザラインを装着したまま飲んでも構いません。

保管方法

・保管の際は、専用のケースにしまってください。短時間であっても、置きっぱなしは避けてください。

インビザライン矯正Q&A

マウスピースを使った矯正治療は、効果が十分でないと知り合いからききましたが、どうなのでしょうか?

ブラケットとワイヤーを使った従来の矯正方法と比べると、インビザラインは歴史の浅い矯正方法です。実際に、開発当初は十分な効果が得られないケースも少なくありませんでした。しかし、インビザラインを開発したメーカー(アライン・テクノロジー社)は地道にその原因を追究し、何度も改良を加えました。未だ、新しいタイプのインビザラインが開発されたり、既存タイプのインビザラインがマイナーチェンジをしています。発売当初と比べると大きな進歩を遂げており、現在ではブラケットとワイヤーを使った矯正方法とほぼ同等の矯正力を獲得しています。

ブラケットとワイヤーを使った矯正方法と比べ、治療期間は長くなりますか?

インビザラインは、ワイヤー矯正ほど歯に大きな力をかけません。しかし、最短の距離で効率良く歯を動かしていくことができます。 そのため、治療期間もワイヤー矯正とほとんど変わりません。

後戻りが心配です。インビザラインは後戻りが起こりますか?

どんな矯正方法も、後戻りのリスクはあります。そして、矯正装置によって後戻りを起こす確率が変わるということもありません。 いずれの矯正方法を選択した場合も、保定期間をきっちりと守ることが、後戻りを予防するためにもっとも大切なことです。

インビザラインは、どんな歯並びの乱れにも使用できますか?

咬み合わせに大きな問題がある場合、骨格に問題がある場合には、インビザラインの適応外となることがあります。ただ、ケースバイケースですので、一度お口を見せていただければと思います。

インビザラインを装着したまま、お茶を飲んでも構いませんか?

インビザラインをしたまま口にしてよいのは、水だけです。食べ物はもちろん、ジュース、お茶、コーヒー、紅茶など、とにかく水以外のものを口にするときにはインビザラインを取り外す必要があります。お湯も、熱によりインビザラインが変形するおそれがありますので、装着したまま口にするのは避けてください。

TEL.0797-22-0033 WEB予約 メール矯正相談
TOPへ戻る
TEL.0797-22-0033WEB予約 TOPへ戻る